JUMPについて

基本理念

日本の医療は、変革、そして飛躍が求められている

01 02

活動内容

03

1.国民視点に立った医療情報化を推進する共通番号を実現

  • 医療関係機関、与野党国会議員、自治体首長、有識者、産業界等が参加した議論の場を定期的に開催し、ここでの議論をベース に医療現場における情報連携・共有の推進、効率的な運用体制の構築、国民視点の医療サービスの質の向上を目指すための基盤となる共通番号の実現に向けた政 策提言及び政府や社会への啓発活動を行う。

2.共通番号とICTで医療現場の抜本的イノベーションを実現

  • 医療介護、年金等で用いる番号を共通化するなど、多様な職種
    機関間を情報連携・共有し、国際化への対応も考慮した抜本的イノベーションを目指す。
  • 高齢者の健康を見守る在宅医療・介護等を連携し、医療安全を確保しながら、モバイルとクラウドによるサービスモデルを構築し、その普及を目指す。

3.ICTを活用した地域住民の健康を支える社会を実現

  • 地域住民の健康を支える新しい地域づくりを目指す。
  • 国民個人の健康管理データ等の各種データを継続的に蓄積・活用し、医療・介護関連機関を連携し、地域住民の健康を生涯にわたって支える社会を目指す。
  • 電子診療情報を活用し、医薬品・医療機器の安全性を国民視点での向上を目指す。

JUMP推進体制

JUMP推進体制

推進体制 2016

役員(敬称略)

理事長 森田 朗 国立社会保障・人口問題研究所所長

(理事五十音順)

理 事  伊藤 文郎 社会保険診療報酬支払基金理事長
理 事  落合 慈之 NTT東日本関東病院名誉院長/東京医療保健大学学事顧問
理 事  河内山哲朗 公益財団法人松下政経塾塾長
理 事  近藤 達也 医薬品医療機器総合機構理事長
理 事  多田 正世 日本製薬団体連合会会長/大日本住友製薬㈱ 代表取締役社長
理 事  千葉 光行 健康都市活動支援機構理事長/前市川市長
理 事  土屋  裕   エーザイ㈱ 代表執行役副社長
理 事  中尾 浩治 日本医療機器産業連合会会長/テルモ㈱ 取締役顧問
理 事  御代川善朗 アステラス製薬㈱ 代表取締役副社長
理 事  山田 啓二 京都府知事/全国知事会会長
理 事  横尾 俊彦 多久市長/全国後期高齢者医療広域連合協議会会長

監 事  菊池   満  中外製薬㈱ 常務執行役員渉外調査部長
監 事  光延 裕司 日本マイクロソフト㈱ 業務執行役員 官公庁事業本部長

事務局長 小島 謙二 NPO法人市民が主役の地域情報化推進協議会理事・事務局長

定款

下記PDFアイコンよりダウンロード可能です。

JUMP-日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会-理事長-PDFアイコン

JUMP
日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-15-1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿
14階1405号室

FAX:03-6452-9531
※受付時間:10:00-18:00 土日祝日を除く

東京メトロ丸の内線 西新宿駅2番出口より徒歩約6分
都営地下鉄大江戸線 都庁前駅A5出口より徒歩約3分
JR新宿駅より徒歩約15分